>

姓名判断によって導かれる未来とは

姓名判断で良くない結果が出たとき

自分の未来の幸せを願い姓名判断を受けたのに、予想外に良くない結果が出たとき。これまで自分の生活に不運さを感じていなかったのに、急に判断されると気分が悪くなるものです。ちょっとした失敗や問題すらも、姓名判断の良くなかった結果が影響しているのではと勘ぐってしまうことでしょう。モヤモヤとしたスッキリしない気分が心を覆うかもしれません。
そんな姓名判断で良くない結果が出たときに一体、どこに相談するべきか。まずはその名前になった原因から探ってみましょう。名付け親が両親なのか、それとも祖父母なのか。名前の由来を調べて見るのが一番です。
人の名前が付けられるとき、そこには必ず理由があります。例えば簡単な理由であったとしてもその家らしさ、両親ならではのエピソードも付随しているものなのです。

由来を聞ける相手がいないとき

名付け親が亡くなったおじいちゃんだった。また当時の市長さんだった等という場合には、名づけの由来を聞けないこともあります。こうした時も心配はありません。その人となりを調べて見ればいいのです。どんな人が自分のために名前を付けてくれたのかを考えてみれば、おのずと名前の由来は想像できます。想像することだって大事なこと。
名前には力があります。生まれてすぐにつけられた名前はまだ非力ですが、人と共に成長する名前は、その人にしかない力を携え始めるのです。そのきっかけとなる名前を付けるとき、様々な思いが込められています。思いは形になります。
具体的な名づけの理由を聞けずとも、名前を付けてくれた人がどんな人なのかを探ることで、その名前の由来を想像することが大切なのです。


この記事をシェアする