>

姓名判断が良くないときの対処法

姓名判断の結果が悪かった時には

姓名判断の結果が良くないとき。多くの人が最初に考えるのが改名ではないでしょうか。例えば結婚して姓が変わったときに姓名判断を受けて良くない結果が出ることがあります。こうしたときに名前の字画を変えて登録変更することで、運気アップを図る方も多く存在しています。とはいえ、せっかく親につけてもらった大切な名前。未来も心配だけれど改名はしたくないという方も多いことでしょう。
そんな方にオススメなのがビジネスネームです。改名まではせずとも、普段使うものにはいわゆるペンネームのような扱い方で違う字画の名前を用いるという方法。正式な書類などでは本名を使いつつ、普段使いのものではこのペンネームを使うものです。またちょっと字画を変えるだけなら、名前の後に読点や句読点をつけるという方法もおすすめです。

アイテムで判断内容を変化させる

姓名判断の結果を変化させる方法の一つにアイテムの活用があります。例えば普段使っている印鑑を開運画数に変更させる。印鑑は昔から日本人の開運アイテムとして活用されているもの。より良い姓名判断に導くために印鑑を新しく新調してみるというのはオススメです。ただし、近年では生活スタイルの変化から印鑑をあまり活用しないという方も増えてきました。
こうした方にオススメなのが開運スポット巡りです。運気アップが注目される地元の神社などを巡ることで、自分を取り巻く悪い運気をデトックスしてしまうのです。パワースポットは、私たちが思っているよりもずっと大きな影響を与えてくれます。またパワースポットの開運グッズを身につけるというのもオススメです。


この記事をシェアする